銀行系カードローンは総量規制対象外

銀行系カードローンでキャッシングをするメリットとして銀行系カードローンは総量規制対象外であることが挙げられます。

では、そもそも総量規制とは何なのでしょうか?

■総量規制とは 

総量規制とは、貸金業法において規定されています。

目的は、借りすぎたり、貸しすぎたりすることを防止することです。

まあ、簡単に言うと、お金のない人が借金をしすぎて、首が回らなくならないように法律で規制されているということです。

具体的には、年収の三分の一を超える借り入れを原則禁止する法律です。

■総量規制の何が困る?

総量規制により、消費者金融などでは、年収の三分の一以上借りることはできなくなりました。

これにより、年収の収入証明書が必要になったり、専業主婦が借り入れをすることができなくなったりと、実際には返済能力があってもキャッシングをすることができない人が増えたと言えます。

■銀行系カードローンなら総量規制対象外

例えば、専業主婦。

専業主婦の年収はゼロ円ですよね。

ということは、総量規制が適用されると原則キャッシングをすることができません。

例外的にキャッシングできる場合もあるようですが、夫の収入証明書、同意書が必要です。

ですから、貸金業法では、夫にばれずに借金をすることはかなり、難しいと言えます。

その点、銀行系カードローンならば、貸金業法ではなく銀行法の適用を受けるので、年収の三分の一以上の借り入れや、専業主婦が夫に内緒でキャッシングをすることができる可能性があります。  

■銀行系カードローンでキャッシングをするメリットとデメリット

このように銀行系カードローンの最大のメリットは総量規制対象外であるということではないでしょうか。

他にも消費者金融と比べると金利が安い等のメリットがあります。

しかし、やはり審査スピード等はまだ消費者金融にはかなわない面があるのではないかと思います。

まあ、自分が何を重要視するかですね。