キャッシングの申込みのときに重要なこと

キャッシングの申込みをするときの考え方として総量規制というのがあります。これは年収の三分の一以下にすることになっている貸付制限です。30万円となりますとこの場合、年収が90万円なのか、となりますが別にそうではないといえます。あくまで総量規制は限界の話であって、そこまで確実に貸さないといけないわけではないのです。まず、実績がないのであれば10万円から30万円程度に、としているキャッシング業者は意外とあります。30万円は実は絶妙な設定です。50万円以上、或いは他社からの借り入れも含めて100万円になると収入証明が必要になるという法律があります。

そのため、30万円とは貸し付けるキャッシングサービスを提供する側としても設定しやすいといえるのです。この程度の金額であればしっかりと働いており、他から借り入れがないとなりますとかなりの確率で貸してもらえます。借りる時には返済計画をしっかりと立てて、借りるところも少しでも金利が低い業者にするべきなどの考えるべき点はいくつもありますが、借りること自体はそこまで難しくない金額といえるでしょう。キャッシングでもカードローンでも30万円のハードルは決して高くないのです。