主婦でも利用出来るキャッシングはあります

2010年6月に完全施行された改正貸金業法により、総量規制が導入されたことで、年収の1/3を越える貸付が原則として禁止されることになりました。最も影響を受けたのが、働いていない専業主婦です。本人に収入が無い場合には、貸金業法に基づく貸付を行っている信販会社と消費者金融から借入が出来なくなっています。

配偶者の収入により返済することを条件に審査を行なう際には、配偶者による同意書が必要となってしまうので、ハードルが高くなったと考えられるわけです。

しかし、総量規制が適用されるのは、貸金業法に基づく貸付を行っている貸金業者に限られるので、本人に収入が無い専業主婦であっても銀行カードローンならば審査を受けることが出来ます。銀行カードローンは、銀行法という別の法律に基いて行われているので、総量規制対象外です。

配偶者の同意無しに世帯収入で審査を受けることが可能ですから、家計を預かっている専業主婦であっても審査次第でキャッシングを利用できます。金利を低く抑えることが出来る銀行カードローンならば、クレジットカードでキャッシングを行なうよりも低金利な借入が可能です。実際に現金を借り入れるカードローンならば、返済計画をしっかり立てることで、早期完済を目指すことが出来るでしょう。